内子町議会議員 関根のぶゆき議会報告
<< 全ての小中学校へのエアコン設置の方針を確認! | main |
中学校部活動の見直しを!
強制加入、休日の半分以上は部活動!

昨今、全国的に中学校での部活動の過熱化が教員の過重労働を引き起こし、生徒が休めない・辞められない苦しさを抱えるなど様々な弊害が指摘されています。 
学校教育課によると、部活動の平均活動時間は学期中で夏期2時間、冬期1時間程度となっており、夏休みの平均活動日数は26日で、30日を超えるところもあります。町教育委員会が定める運動部活動の休養日の指針では、学期中の平日は1日、土日祝日は月に2日以上設けることとしています。生徒は必ず部活動に入らなければならず、教員もまた形式上は任意ですが、全員部活動の顧問を担当しています。平日はともかく、本来学校の休日である土日祝日や夏休みの半分以上の日に、全ての生徒が部活動に参加しなければならないなんておかしいと思いませんか。
 中学校教員の57%が労災認定のいわゆる過労死ラインといわれる月80時間以上の残業に相当する働き方をしています。しかも、時間外労働にあたる部活動の指導時間は、平日は手当が支給されず、土日祝日に4時間以上指導した場合にわずか3000円の手当てが支給されるのみです。教員の働き方改革や生徒への行き過ぎた管理などを含めて、あらためて学校運営のあり方にも注視していきたいと思います。
議会一般質問から 

内子民報2018年4月号より

部活動の実態
Posted by : 関根のぶゆき | 2018年3月議会報告 | 12:52 | - | -
TOP